こんにちは! ミラプロ学生スタッフの平田です。

6月20日(木)に、ミライ会議2024 Vol.3 @QUINTBRIDGEを開催しました!

初参加者が16名と多くの人が参画されており、ミラプロの認知が広がってきているのだと嬉しく感じました!今回のミライ会議のテーマは、
①参画メンバーのお互いを知り緊張感と解く。
②何でも自由に発言してもいい場所がここにはある。
③誰もが自分の挑戦を持ち込める。また、仲間の挑戦をプロジェクトとして全員で楽しむ。
この3つでした。

その後にTAI BREAKをしました。初参加の人もこの時点で笑顔になっており、今回のミライ会議は絶対成功するだろうと確信するTAI BREAKでした。

TAI BREAK後、和香さんのWAKAWAKAトーク会が始まりました。
WAKAWAKAトーク会は、若者と大人が一対一で一問一答をするという内容です。
簡単な質問から、考えさせられるような質問の内容を和香さんが考えて下さったので、楽しく会話したり大人の方から学ぶことがあったりと、とても有意義なWAKAWAKAトーク会でした。
私にとって印象的なのは、株式会社Dreamsの宮平さんとお話しした特技や好きなことです。
宮平さんが笑ったり、頷きながら聴いてくださったので、つい私も喋りすぎてしまいました。
様々な人の考え方があり、私以外にも、多くの人が楽しみ、学びがあったと思います!

休憩を挟んでから、武田さんの「やってみたい」を「やってみた」が始まりました。
「やってみたい」を「やってみた」は、まず、参加者が、今後のミライ会議でやってみたいことを発表し、その企画を自分もやってみたいという人を集めてチームを作るという内容です。
企画内容は、運動会や文化祭、バーベキューなど様々なものがありました。私も「ミライ会議でやりたい企画があるけど恥ずかしい」という人をサポートする「ミライサポート部」を企画させていただきました。
それぞれのチームで話し合っている時、皆さんの真剣な表情を見ることができ、これからのミラプロが更に面白くなると思いました。

今回のミライ会議は、企業や学生が学ぶという場だけでなく、ミライ会議としても1段階ステップアップした内容だったと感じます。
次は私の持ち込み企画を行いますので、この流れを加速させていきたいです!
今回、このような素晴らしい企画を考えてくださった武田さんと和香さん、参加してくださった皆さん、本当にありがとうございました!

Writer

ミライ企業プロジェクト事務局

ミライ企業プロジェクト(略して「ミラプロ」)とは、若者と中小企業のミライが共に広がるプラットフォームを創るプロジェクトです。

このライターの記事一覧

Top