「仕事は楽しくないもの」と決めつけていた

〈株式会社ベル 〉
日本鳩対策センター

岡島 百李さん

人のサポートをするのが好きで、高校、大学と陸上部のマネージャーを務めていた岡島百李さん。大学時代、働きたいと思える会社となかなか出会えない中で、唯一働きたいと思えたのがベルだったそうです。現在は、ベルのグループ会社である日本鳩対策センターで営業事務職を務める岡島さんに話をうかがいました。

働きたいと思えた唯一の会社

大学時代、体育会人材の就職支援サービスを行う媒体「スポーツフィールド」に登録していた私は、担当のエージェントさんに就職のお世話をしてもらっていました。大学3年生のときから面談を繰り返し、私の性格に合う会社をいろいろ紹介してもらっていたのですが、私自身が就職に後ろ向きだったこともあって、働きたいと思える会社はひとつもなかったんです。

そんななかで当社の紹介動画を見せてもらったとき、はじめて行ってみたいという気持ちが湧いてきました。朝礼の様子からは、とても楽しそうな雰囲気が伝わってきたんです。会社説明会に参加した後、選考に進み、当社のことを知れば知るほど、ここで働きたいという気持ちは膨らんでいきました。特に大きかったのは、2日間の職場体験。所属している会社や部署に関係なく、大変なときには仕事を手伝ったりと、お互いに協力し合っている様子に惹かれたんです。

人のサポートをするのが好き

入社以来、日本鳩対策センターの営業事務職として、主に鳩の被害に困っているお客様の電話対応や営業職の支援を行っています。電話対応の仕事ではお客様に対応した後、営業担当者に引き継ぐのが通例なのですが、「岡島さんに丁寧な対応をしてもらえて救われました」という言葉が届いたときはうれしかったですね。あまり名前を覚えられることのない仕事なので、印象に残っています。

営業職の支援は、営業職の人が本業に集中できるように、事務処理の仕事をサポートする縁の下の力持ち的な役割です。営業職の人が求めていることを想像して動き、「ありがとう、助かったわ」と言ってもらえることが喜びです。人のサポートをするのが好きな私に合う仕事だなと感じています。

「楽しい」日々をいつまでも

就職活動のとき、業種にはこだわらず、社風を重視して会社を選んでいたのは、高校、大学時代の陸上部での経験が大きいと思います。そもそも私が陸上部に入ったのは、仲のよい友達に誘われたから。陸上競技には全く興味がありませんでした。高校は大学の系列校だったので、実質的に同じメンバーと過ごすこと7年間。打ち解け合える仲間と部活に打ち込める日々はかけがえのないものでした。だからこそ、一緒に働きたいと思える人たちと長く働きたかったし、ベルならその願いが叶いそうだなと感じたんです。

それでも、4月1日に入社するまでは憂鬱な気分を払拭できていませんでした。学生時代は部活一色でアルバイトをしたことがなかったので、「働く=人生の終わり」と思うほど仕事へのマイナスイメージは強かったんです。裏を返せば、それだけ学生時代が楽しかったということ。学校でも部活でもみんなと過ごすこの幸せな時間が失われたとき、私はどうやって生きていけばいいのだろう、と想像するたびに気が滅入っていましたから。

仕事ではこの楽しさを味わえないと半ば諦めていた私に、それが思い込みだと教えてくれたのがベルでした。働き始めてからは会社が居心地のよい場所になったので、仕事が嫌だと思ったことは一度もありません。当社では、人前で発表したりと、苦手なことにチャレンジする機会も多いのですが、自信がなく、後ろ向きな自分を変えるためにも、私はベルで働くことを望んだのだと思います。

あなたにとって働くとは?

自分を成長させるために必要なことを学べる機会です。

Commentミラプロメンバーから見た岡島 百李さん

明るく元気な岡島さんには、いつも笑わせてもらっています。岡島さんとは時々お酒を一緒に飲みますが、そのときはいつも以上に笑いが絶えなくなります。翌日になると何の話をしていたか覚えていないけれど、それがまた楽しい。一方で、仕事はいたって真剣。責任を持って取り組んでくれるので安心してお任せできます。

株式会社ベル山崎 知子さん

いつもお願いごとや悩みごとを聞いてくれてありがとう!!めちゃ助かってます!入社してからしばらくはそんなに話す機会がなかったけど、今では仕事からプライベートのことまで色々話してるな(笑)。先輩後輩というより友達感強くて気楽になんでも話せるのでおもろいです!これからも楽しみながら仕事頑張ってこ〜!

株式会社ベル樋口 寛史さん
Top