「環境に配慮する」事業を通して、胸を張れる生き方を

山陽製紙株式会社

学生
インターン
募集中

「デザイン」「機能」「用途」を組み合わせた高付加価値な再生紙商品を開発・販売する創業1928(昭和3)年の紙再生サービスメーカー「山陽製紙」(泉南市)。2050年のカーボンニュートラルの実現に向けて、「地球環境に配慮した商品やサービスを通し、循環型社会に貢献したい」との思いを抱く、原田六次郎社長の目指すミライについて聞いた。

代表取締役社長原田 六次郎さん

社会における存在意義=人と社会に貢献すること

――事業の目的は?

経営理念にも掲げているように、「紙創りを通してお客様と喜びを共有し、環境に配慮した循環型社会に貢献する」ことです。

1951(昭和26)年から古紙再生メーカーとして、セメント袋に使用するクレープ紙を主に製造してきましたが、バブル崩壊後、市場は縮小。おまけに、大量の水と電力を消費する製紙業は環境への負荷が大きく、「どうすれば会社を存続させられるのか」を検討するより前に、「社会に存在していいのか」という問いに対する答えが見つからなかったのです。

そこで2007年、会社設立50周年を迎えたのを機に、社員と企業理念を練りました。当社の強みである小ロット生産や研究開発力など紙再生の技術を生かし、我々だからこそできる資源の再生を通して人と社会に貢献できる企業になろうと決めたのです。以来、eco検定・CSR検定などの社員教育に力を入れたり、経営理念への理解を深める「理念祭」を毎年開催したりすることで、理念は徐々に浸透してきています。最近では、幹部などが語り部のようになって、他の社員に理念を伝えてくれています。

理念と行動を一致させる

――目的を果たすための方法は?

単なるリサイクルではなく、古紙の価値を上げる「アップサイクル」に取り組んでいます。環境問題への関心をさらに高めるべく、お客様が使いたくなるような魅力的な商品に再生しています。2004年に発売した消臭・調湿機能付きの再生紙製品「SUMIDECO(スミデコ)」はその一例です。食品加工の際に出る梅の種などの産業廃棄物を炭化し、紙にすき込んで機能紙にしています。

次いで2016年には、電線の包装などに使用される再生紙「工業用クレープ紙」を活用したブランド「crep(クレプ)」を立ち上げ、BtoC市場に参入しました。商品化したピクニックラグは、軽くて丈夫なだけでなく、再生紙特有の風合いと、人気作家ともコラボした多様なデザインが好評を博しています。

また、2017年には、原子力、火力発電を行う大手電力会社から、水力発電を行う長野県内の水力発電所に電力(FIT)の調達元を切り替えました。事業活動で使用する電力をすべて再生可能エネルギーで賄うことを目指す「RE100」の中小企業版である「RE Action」にも参加するなど、環境への配慮を徹底しています。コストは上がりますが、社内の節電意識は高まっています。

さらに当社の年間総売上の30%にものぼる費用をかけて、2018年から新たな排水処理設備を稼働しています。直接、生産性の向上に結びつくわけでもないので、「無茶な投資ではないか」と不安に感じた社員もいました。しかし、理念と行動が一致していると社員も仕事に胸を張れますし、工場見学に来た大手企業の方から「ここまでやりますか」と言っていただけるなど、取引における安心材料にもなります。また、突き抜けたことをやっていると業界内での認知度も高まるので、同志と出会いやすくなります。

紙の文化を変える可能性も見つめて

――実現したいミライは?

2050年の「カーボンニュートラル宣言」をチャンスと捉えて、まずは温室効果ガスの排出削減目標に適合した企業の証となるSBT(Science Based Targets)認定を目指すなど、環境への取り組みを加速していきたいと考えています。2018年にリブランディングした「PELP!(ペルプ)」というサービスの会員(参加企業)は255社にまで増えています。強く意識すればするほど、思いが通じる人や会社と出会えることを実感しています。

数にこだわっているわけではありませんが、会員数の当面の目標は3000社です。以前は1社ごとに直接提案していましたが、自社だけでは限りがあるので、全会員対象のペルプ・パートナーミーティング(PPM)を定期的に行い、「会員と会員がつながる」形をつくっています。

また、DXも実現したいことのひとつです。私たちは40年以上前から、他社に先駆けてコンピューターを導入していますが、宝の持ち腐れと言いますか、膨大なデータをまったく活用できていませんでした。「データの活用により、会社を変容させるという手段を通して、お客様に喜んでいただく」という本質を見失わずに、DXを進めていきたいと考えています。

6年後の2028年に創業100周年を迎えるにあたり、幹部を中心に「2028年ビジョン」を策定しています。生産性向上のための設備投資は必要ですが、次代を担う社員には、「モノづくり」より「コトづくり」を意識し、理念を実現するための新しい事業にも挑戦してもらいたいですね。

日本や世界がカーボンニュートラル実現に向けて足並みをそろえている今、私たちは環境負荷の大きい製紙業を続けていくべきかどうかというところから考え直さなければなりません。だから「世の中の役に立つ、社会課題を解決する」という根幹さえ外さなければ、製紙業にこだわらなくてもいい。PELP!(ペルプ)などを通じて、紙の文化そのものを変える可能性も視野に入れながら、循環型社会をつくっていきたいと考えています。

学生とともに実現したいこと

デザインや商品開発、市場調査、環境に配慮したエネルギーの活用など、得意分野を活かした産学連携。

Commentミラプロメンバーから見た山陽製紙株式会社

山陽製紙さんほど理念と行動が一致している会社はないのではないでしょうか?経営に対する原田さんの貪欲な姿勢にいつも感銘を受けています。理念、ビジョン、使命、方針に一貫性があり、「三位一体の全員経営」が体現された素晴らしい組織だと感じます。私もいつか原田さんのような経営者になりたいです。

住空間創造ゆいまーるClub 代表取締役社長加藤 栄さん

いつも笑顔で優しい原田社長。水や電気などのエネルギーを大量に使う会社が社会に存在していてもいいのか?その問いを出発点に、さまざまな商品やサービスを生み出している山陽製紙さんに触発され、当社でも『社会課題を解決する印刷製品』の開発に取り組んでいます。会社見学の際は、『ここまでやるか』とすごく感動しました。

株式会社明成孝橋美術 代表取締役社長孝橋 悦達さん

Profile会社情報

会社名

山陽製紙株式会社

所在地

〒590-0526
泉南市男里6-4-25

電話番号

072-482-7201

スタッフ数

45名(※パート・アルバイトを含)

事業内容

紙再生サービス

Webサイト 採用サイト

Features企業のらしさ

  • 社会的理念力

    • 理念の明確性
    • 理念の浸透性
    • 社会(地域)貢献性
  • 自律協働型組織力

    • 人材育成
    • 関係性
    • 多様性
  • 持続的革新力

    • 独自性
    • 収益性
    • 顧客志向
    • 戦略性
    • 協働性
Top